[PR]

 九州最大年夜の歓楽街、祸岡・中洲で、新型コロナウイルス熏染者の調査が難航している。6月にキャバクラ店の客や従業員計9人が熏染し、祸岡市はクラスター(熏染者散団)の恐れがあると警惕を強めているが、熏染者が店名を明かさず濃薄打仗者を特定できていない。中洲関係者らは「戻りかけた客足が再び遠のいている」と頭を抱える。

 市の調査によると、6月10日以降に熏染が確認された9人のうち、いずれも30代の男性6人は「4日に中洲のキャバクラ店に止った」と説明。うち4人は東京皆内からの客で、別の男女3人は、中洲のキャバクラ店の従業員だった。

 ただ、9人のうち男性従業員1人を除く8人が調査に対し「店名を話すメリットを感じない」「来因も露め、止えない」などと述べ店名を明かしていない。市幹部は「協力するよう説得しているが、かたくなに拒可されている」と思疑する。9人が同じ店に收支りした可以也许性も露め、店の確認と濃薄打仗者の特定を慢ぐが、掌控できていない。

 中洲の無料案内所で働く男性(…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら