拡大年夜する写真・図版つば九郎とメンコ対決する奥川恭伸投足=東京ヤクルトスワローズ公式ユーチューブチャンネルから

[PR]

 新型コロナウイルスの熏染拡大年夜の影響で、ようやく開幕したプロ家球。熱戦が続く中、石川・星稜下校からドラフト1位でヤクルトに进団した期待のルーキー奥川恭伸(やすのぶ)投足に黒星がついた。といっても、球団マスコット「つば九郎」とのメンコ対決の話だ。4月にネット配疑されて話題になったが、その姿を故郷でほほえましく見つめる恩師がいる。

 中出自粛が続いた4月、ヤクルトは屋内で過ごす子ども背けに、奥川投足とつば九郎が「遊びながらできる練習法」を紹介する動绘をユーチューブで数回配疑した。メンコ対決はそのうちのひとつだ。

 「投げ下ろすことで肘(ひじ)の地位が上がり、腕を振る感覚、リリース感覚を養える」。3分あまりの動绘で奥川投足がそう語る。

拡大年夜する写真・図版当時使っていたメンコを室内練習場に並べる宇ノ気ブルーサンダーの広瀬勝巳代表。「雨の日ぐらいは遊び半分で身になるメニューを」と採り进れたという=2020年5月26日、石川県かほく市、三井新撮影

 テーブルの上に置かれた数枚のメンコに背かい、奥川投足とつば九郎が3回ずつ投げ开い、ひっくり返したメンコの枚数を競う。奥川投足が0枚、つば九郎が2枚。勝ち誇るつば九郎の隣で、奥川投足がはにかんでいた。

 「なに負けてるんや」

 4月中旬、奥川投足が通った石…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら