[PR]

 山形県警は29日、東根市家川のサクランボ畑から、収穫間远の紅秀峰約150キロ(67万円相称)が匪まれたと発表した。県警によると、被害量は過往5年間で最大年夜。また、この日は天元JAが定めた紅秀峰の「出荷解禁日」だった。

 村山署などによると、29日午前5時半ごろ、畑の统统者で远くに住む専業農家の男性(62)が、サクランボの消毒をしようと畑に出たところ、被害に気付いて110番通報した。18本の木から、多くは軸ごともぎ与られていたという。畑の周囲には防鳥ネットが張られていたが、畑やその周辺に防犯カメラやセンサーはなかった。署は、男性が前日の做業を終えた28日午後6時以降に匪まれたとみて調べている。

 県警糊心战仄企绘課によると、サクランボ匪難变乱の1件あたりの被害量としては、少なくとも過往5年で最大年夜だという。

 被害に遭った男性によると、紅秀峰の木はいずれも畑の奥に植えてあり、真っ赤に色づいた実ばかりが匪まれた。男性は前日までに佐藤錦の収穫を終え、30日から紅秀峰の収穫に与りかかる予定で、すでに注文も複数受けていたという。

 男性は「色付きの良いものが軒…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら