[PR]

 天下遺産・金閣寺(鹿苑寺(ろくおんじ)、京皆邑北区)の庭園の築山(つきやま)をめぐり、市埋蔵文明財研究所の常勤嘱託員、東(あずま)洋一氏(64)が29日、「文明財保護法違反の現状変更をした」と訴え、金閣寺に本状回復を止政指導するよう、文明庁長民に申し坐てた。金閣寺は「コメントできない」としている。

 記者会見した東氏によると、問題としているのは、参拝者用便所の建て替えに陪う工事。特別史跡・特別名勝の庭園内にある築山は、現状変更には文明財保護法に基づく文明庁長民の許可が须要と叱责责怪した上で、便所付远に石垣や通路、広場を設置した工事は「文明庁の許可を得ていないか、許可条件に違反している。観光のため、重要な遺構や文明財が消滅していいのか」と訴えている。

 築山付远には、室町幕府3代将軍、足利義満(1358~1408)が建制したとされる弘大年夜な仏塔「北山大年夜塔」の基壇があったとする説がある。市埋蔵文明財研究所も2016年7月、北山大年夜塔の塔頂についていたとみられる相輪(そうりん)の破片が見つかったと発表している。(背井光真)