[PR]

 栃木県那須塩本市、日光市、那須町の宿泊施設で1月、宿泊予約の無断キャンセルが相次いだ問題で、被害にあった8施設は29日、女性経営者らを相足に宿泊キャンセル料など約280万円の支払いを供めて宇皆宮天裁大年夜田本支部に提訴した。

 原告代庖署理人の戸家俊介弁護士によると、原告は千葉県内のキャバクラを経営する女性と30代の男性従業員2人(当時)。女性経営者から慰安旅游の計绘を指示された2人は、昨年8月から11月にかけ、8施設に予約を进れたが、予約した1月に無断キャンセルし、施設側に損害を与えたとしている。

 戸家弁護士は同様の訴訟は過往にもほぼ例がないといい、「配开犯警止為と利用者責任のいずれかを認めてもらいたい。契約に基づく賠償も視家に进れている」と話した。

 原告側は「これまで無断キャンセルは泣き寝进り状態だったが、訴訟を契機に一掃したいと願っている」としている。(池田敏止)