[PR]

 さいたま市は29日、従業員が新型コロナウイルスに散団熏染している同市大年夜宮区のキャバクラ店の店名を「クラブグランデ」と公表した。経営者の相识が得られたという。また、新たに従業員4人の熏染を発表した。同店従業員の熏染者は計12人となった。

 4人のうち3人は、さいたま市に住む30代と10代の女性、30代の男性で、いずれも軽症。もう1人は東京皆に住む10代の女性で自覚病症がないという。

 市によると、同店の従業員のうち末端に熏染が判明した従業員の暗躲期間を考慮し、古月7日以降に出勤した従業員40人のうち38人(1人は結果待ち)がPCR検査を受けた。古後は残る2人と熏染者の同居者らの検査を進めていくという。

 また、同店を最远訪れたという客2人も検査したが、いずれも陰性だったという。