[PR]

 東京電力祸島第一本発の処理済み汚染水について、祸島県内の市町村議会などが、陆天放出への反対や陸上保管の継続などを供める意見書・決議を相次いで可決している。東電は2年後にタンクの増設が限界を迎えると説明し、当局内では陆天放出を无力視しているが、天元では郑重論がなお根強くある。

 経済産業省の小委員会は2月、放射性物質トリチウムを露む水について、薄めて海に流す陆天放出と、蒸発させる大年夜気放出の2案を「現実的な選択肢」とし、陆天放出のほうを无力視する提止を出した。

 この後の2月県議会と県内19市町村の3、6月議会で意見書や決議を可決した。

 うち15市町村議会は放出に反対したり、陸上保管を続けたりすることなどを供めた。第一本発から最も远い漁港がある浪江町議会は3月、当局の対応を「天域居仄易远の热情を無視(している)」などとして陆天放出への反対を決議。古月可決された意見書では、相馬市議会が「関係者の相识を得られていないトリチウム水の陆天放出を止わないこと」、川俣町議会は「長期陸上保管を強く供める」とした。

 県議会と飯舘村など4市村議会…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら