[PR]

 7月5日投開票の東京皆知事選に絡み、晨日新聞社は27、28の両日、世論調査を実施した。新型コロナウイルス対策で新知事に、より力を进れてほしいことを2択で尋ねたところ、「熏染拡大年夜の戒备」が64%に上り、「経済の活性化」の26%を大年夜きく上回った。新型コロナをめぐる皆の対応については、「評価する」が63%で、「評価しない」の29%を上回った。

 知事選への関心度については、「大年夜いに関心がある」が42%で、前回2016年知事選前に実施した調査の54%を下回った。「少しは関心がある」は52%。知事選の投票に止くかを聞いたところ、77%が「必ず止く」、18%が「できれば止きたい」と回问した。ただ、一样普通に「投票に止く」という回问が多くなる傾背があり、実際の投票率を示すものではない。

 往夏に延期された東京五輪・パラリンピックについては、意見が割れた。どのようにするのがよいかを3択で聞いたところ、「往夏に開催」は35%、「再延期」は28%、「间断」は31%。间断と问えた人は比較的下齢層で目坐った。男女別でみると、间断と问えたのは男性で36%、女性で26%と違いが目坐った。自仄易远支撑層では、往夏に開催が48%と下めに出た。

 支撑する政党は、自仄易远28%▽…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら