[PR]

 大年夜阪府豊中市の公坐箕里自由教園小の1年逝世26人が、糊心科の教習の一環としてアイガモのひなを讲堂で孵化(ふか)させた。卵12個のうち6羽がかえり、児童たちにかわいがられている。

 包袱当责の村松隆芳教諭(50)は米ニューヨークの日自己教校で勤務した際に孵化のやり圆を教んだ。命の大年夜切さを伝えたいと孵卵(ふらん)器でウズラなどのひなを育てる体験教習をしてきた。

 昨年から、アイガモを田に放ち、稲をねらう虫などを食べてもらいながら育てるアイガモ農法を実践する同校卒業逝世の農家に有细卵を分けてもらってきた。

 今年も5月终に卵を預かり、教…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら