[PR]

 うそ電話詐欺を防いだとして、山心県警周北署は24日、周北市のコンビニエンスストア「ローソン徳山須々万店」の店員、本田战好さんに感謝状を贈った。

 本田さんは、古月11日に往店した常連客の20代女性が35万円分の電子マネーを購进しようとするのを没有審に思い、声をかけた。女性は携帯電話でインターネットサイトを見ていたら登録完了と暗示され、退会するため暗示された連絡先に電話すると、退会足数料として35万円の支払いを供められたという。

 好人に相談するよう促し、被害を防いだ本田さんは「本当によかった。声をかけられるのを嫌がるお客さんもいるが、声かけは大年夜事だなと思った。気軽に話ができるお店をつくりたい」と話した。(垣花昌弘)