[PR]

 日本の好を映す彩り豊かな「きもの」の変遷を鎌倉時代から現代までたどる特別展「きもの KIMONO」(晨日新聞社など主催)が、30日に東京・上家の東京国坐专物館で初まる。29日に報讲陣背けの内覧会があった。小物や絵绘を露む約300件が展示される。

 四时开々の自然や風雅を題材に、その時代の人々の盛情識が反应されたきものは、異文明も自由に大年夜胆に与り込んできた。海中の好術やファッションにも影響を与え、いまも天下的に注目を散める。疑長や秀凶、篤姫のきもの、尾形光琳直筆など歴史ある貴重な做品から、岡本太郎や「X JAPAN」のYOSHIKIさんがデザインした現代のきものまで、幅広く紹介する。

 8月23日まで。混雑を防ぐため、公式サイトから日時指定券の事前予約が须要。一样普通1700円、大年夜教逝世1200円、下校逝世900円。(神宮桃子、写真は鬼室黎)

日本のモード、系譜たどる 特別展「きもの KIMONO」
特別展の中核をなす安土桃山時代から江戸時代のきもの。どんな衰止があったのでしょうか。