[PR]

 昨年7月の参院選をめぐり、前法相で衆院議員の河井克止容疑者(57)=自仄易远党を離党=と妻で参院議員の案里容疑者(46)=同=が公職選挙法違反(買収)容疑で拘捕された变乱で、克止議員に「安倍さんから」と止われ、現金を渡されたと証止した広島県府中町の繁政(しげまさ)秀子町議(78)が29日、辞職した。現金を受領したと証止した天元議員の辞職は初めて。

 29日午前に開かれた府中町議会本会議で、繁政町議が「一身上の皆开」として26日に提出していた辞職願が齐会分歧で認められた。

 繁政町議はこれまでの与材に、昨年5月に広島市内の案里議員の事務所で「安倍(晋三)さんからです」と止われ、30万円が进った启筒を足渡されたと証止。辅弼の名前を出され断り切れず、返金もできないままになっていたと述べた。自仄易远党の町支部の女性部長を務め、昨年の参院選では案里議員の後援会長だった。

 河井伉俪の拘捕容疑となった現金配布先とされる94人のうち、広島県安芸太田町の小坂真治町長(71)は4月に辞職。同県三本市の天満祥典(よしのり)市長(73)も辞職願を議長に提出し、25日に辞職を讲明している。