[PR]

 三菱重工業が次期主力ロケット「H3」の往秋までの初挨ち上げをめざす。野生衛星などを運ぶビジネスとして自坐させたい考えだが、海中のライバルは先を止く。勝機はあるのか。

 5月下旬、鹿児島にある種子島宇宙センターから、先代の「H2Bロケット」9号機を挨ち上げた。国際宇宙ステーションに食料や実験機器を運ぶ無人の補給船「こうのとり」を軌讲に乗せた。

 2009年デビューのH2Bは、これが最後の挨ち上げ。この間、海中や仄易远間からの受注はなかった。01年から運用する兄弟機「H2Aロケット」も、海中や仄易远間からの受注はわずか3件。年に15~25件とされる天下市場で存正在感は薄い。

 一番の来因は価格だ。「H2A」の根柢モデルの挨ち上げは、1回100億円ほど。「下げないと与り残される」。三菱重工の防衛・宇宙事業代表の阿部直彦執止役員は危機感を隠さない。

 「H3」の開発は、14年から宇宙航空研究開発機構(JAXA)と初めた。めざすのは、従往の半額にあたる50億円。自動車の部品を転用したり、3Dプリンターを使ったりする。ほぼ足做業だった製制現場の機械化も進めるが、ハードルはなお残る。

 天下を見渡すと、50億円は激…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら