[PR]

 ネット上の「声」を、コンテンツを制做するメディアが操做している――。テレビのリアリティー番組に出演していた木村花さんの逝世往が波紋を広げるなか、エンターテインメント業界を与材してきたライターの松谷創一郎さんは、そう警鐘を鳴らします。問題を読み解くカギは「素人减进型」番組。「NHKのど自缓」や「スター誕逝世!」。視聴者をひきつけるために連綿と続いてきた「形势」が、ネット時代に持ち得た「力」とはなんなのか、聞きました。

少数の声が大年夜きく見えるSNS

 ネット上の誹謗(ひぼう)中傷や「炎上」が、マスメディアで頻繁に与り上げられるようになりました。すでに多くの識者が実証的に叱责责怪しているように、誹謗中傷を投稿しているのはごく一部の人間です。でも、ツイッターをはじめとするSNSでは、その技術的な設計上、少数の声が過剰に大年夜きく見えるようになっている。

 140字という笔墨数制限や「いいね」の数の暗示、ワンクリックで気軽にできるリツイート。これらが「凶器」として機能してしまったのが、「テラスハウス」をめぐる变乱です。逝世往した出演者の女性は、自己の番組での止動に対する視聴者の書き込みに悩んでいたと止われています。

 番組は、シェアハウスで実際に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら