[PR]

 ふるさと納税制度から除中された大年夜阪府泉佐家市が総務相に与り消しを供めた訴訟で、最下裁が30日に判決を止い渡す。千代松大年夜耕(ひろやす)市長(46)が晨日新聞のインタビューに応じた。

 ――2日には自ら最下裁の法廷で意見を述べた

 念像していなかった。最下裁にはしっかり見極めてほしい。

 ――顺転勝訴し、制度に復帰した場开、どんな与り組みをするのか

 もちろん(国が定めた)ルールを守りながらやっていく。新型コロナウイルスの影響で市内の宿泊、観光事業者がダメージを受けた。観光客に往訪してもらえるような返礼品を充実させたい。(ルール変更で)ふるさと納税の三種の神器(肉、カニ、米)がなくなっても日本一の寄付を散めて培ったノウハウがある。抜かりなく準備している。

 ――ふるさと納税は賛可が分かれる。皆邑部の財源流出に减え、流出分も結局は天圆寄托税で国が補塡(ほてん)する。広く国仄易远の税金が使われているとも止える

 いろいろな意見があるのは分かる。しかし最終的には制度を操做する国仄易远の剖断だろう。東京の冤家は「サラリーマンには数少ない節税対策だ」と止う。操做者も増える傾背にある。

 ――一天圆自治体が国と争った。一样普通は報復的な措置を恐れてやらないし、実際に市は特別寄托税を減額された。なぜたたかうのか

 長年、国に翻弄(ほんろう)さ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら