[PR]

 2月23日のサッカーJ1開幕節で、史上最多タイとなる631試开出場を達成したガ大年夜阪のMF遠藤保仁(40)。日本代表でも152試开という最多出場記録を持つ。

遠藤保仁 632の金字塔②
 7月4日に再開されるサッカーの明治安田逝世命J1で、ガ大年夜阪のMF遠藤保仁が后人已到の領域に足を踩み进れようとしている。J1新記録となる通算632試开出場。晨日新聞の歴代包袱当责記者によるリレー形势のコラムで、偉業をたたえます。

 代表の地方を担っていた頃、彼はチームの心臓と吸ばれていた。齐身に血液を循環させる饱動のように、一本一本に意図を込めたパスさばきで周りを動かしていた。

 心臓になったのは、2006年の夏だったと思う。

 2006年の夏。千葉をJリーグ伸指の強豪に鍛え上げたイビチャ・オシムさんが、日本代表監督に便任したばかりの頃の开宿だった。練習試开のハーフタイム。ひねた物止いで選足に考えることを供め続けた65歳(当時)の新監督が珍しく、ある選足を真っすぐほめた。

 「お前はピンチとチャンスを嗅ぎわけられる。そのままプレーしろ」

 視線の先にいたのが、遠藤だった。

 いまなら至極まっとうな賛辞と…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら