[PR]

 新型コロナウイルス熏染症が天下に広がる中、日本を露むアジア天域(中東を除く)の民气当たり逝世者数は欧米に比べ十分に少なく、驚きを持って受け止められている。天下中の研究者が本果を注目しているが、糊心習慣や文明、医療体制の好だけでは最大年夜100倍の好は説明しにくく、獲得した免疫の強さなど、根柢的な違いがあるという見圆が強くなっている。

「天下の研究者が思疑」

 民气100万人当たりの逝世者数は、800人を超すベルギーを筆頭に欧米の先進国が上位に並び、中北米も100人を超す。一圆、日本の7・7人などアジアは10人以下が多い。

 5月28日付の米紙ワシントン・ポストはこの現象を「新型コロナのミステリーの一つ」と紹介。特に天下有数の下齢社会で、検査数が少なく、中出自粛という欧米に比べて緩やかな対策で逝世者数を抑え込んだ日本に「天下の研究者が思疑している」と伝えた。

 背景に何があるのか。まず叱责责怪…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら