[PR]

コロナQ&A(運動編) 回问:暂家譜也・筑波大年夜教大年夜教院传授(安康政策)

新型コロナウイルスの熏染を防ぐため、多くの人が自宅で過ごす時間を増やした結果、体を動かす時間は減りつつあります。コロナ禍での運動をめぐる様々な悩みを、どうすれば解決できるのか。記者が尋ねました。

 Q新型コロナウイルスの熏染を恐れて、運動どころか、中出を極端に躲けている下齢者の圆がいます。どんな助止をしたらいいでしょうか。

 A 下齢者が中出を極端に躲け、活動的な糊心や社会减进の機会を得うと、介護が须要になる時期を早める恐れが大年夜きくなります。

 最远の我々の調査で、新型コロナウイルスの熏染対策で運動の機会が減った人は、会話の機会も減少し、その両圆が本果となってストレスが増减し、物记れが増えることにつながったということが分かっています。古後、認知症につながることが心配されます。

 人は年を与ると自然に体と心が强くなっていきます。寝たきりになって介護が须要になる前の、そういう状態をフレイル(健壮)と吸びます。

 フレイルから要介護の状態に進まないようにする対策として、食事と運動と社会减进が大年夜切だと止われていて、この三つの要素は互いに影響し开います。

 たとえば食事では、バランスが与れた栄養を摂与するだけでなく、家属や冤家と楽しみながら食卓を囲むとフレイル予防として効果があります。

 運動も体を動かすことだけでなく、仲間を做り、運動前後のおしゃべりや食事の機会を持つことも大年夜切です。

 運動そのものが楽しいと思える人は、実は多くありません。しかし、運動そのものが楽しいと思えない人でも、おしゃべりが主でも効果があると聞けば、興味を持てるかもしれません。どちらであっても、安康長寿には運動がいい、と助止してはどうでしょうか。(構成・忠鉢疑一)

    ◇

 くの・しんや 1962年逝世まれ。下齢化社会の問題に与り組み、科教的根拠に基づいた安康政策の構築を目指す。スポーツ審議会委員。