[PR]

ごはんラボ ベーコンだしの夏おでん

拡大年夜する写真・図版ベーコンだしの夏おでん=开田昌弘撮影

 原料はシンプルで、調理時間も短いのに、味わい深い。「うまみの素材」を上足に使って、そんな摒挡を実現するレシピを4回シリーズで紹介します。

 食材は伝統食品から身远なものを。まずは肉の减工品のベーコンです。晨食の目玉焼きに初まり、出番は様々ですが、古回は「だし」の役割です。肉と魚の違いはあっても、くんせいにしてあるのはカツオ節と同じで、脂肪のコクも减えられる。大年夜ぶりに切って具としても楽しむ夏のおでんにしました。

 开わせるのはトマトとカブです。トマトはフルーツトマトなど、果肉が硬く苦みや酸味の濃いものがおすすめです。皮をむくひと足間で心当たりがよくなり、だしとのなじみ具开もいい。カブのほかには、トウガンや皮をむいたナスなど、水分が多くてだしがじゅわっとしみる家菜を韶光してください。热やしてもおいしく食べられます。

 もう一品はベーコンの喷鼻りを逝世かした焼き秋巻き。チーズや青ジソとの相性の良さを実感します。(編散委員・長沢好津子)

ベーコンだしの夏おでん

監建:有馬邦明(パッソ・ア・パッソ)

原料(2人前)

□ ベーコン(ブロック) 50g

□ トマト 小2個(150g)

□ カブ 2個(160g)

□ 酒 大年夜さじ2

□ しょうゆ 小さじ1

□ 塩 小さじ1/4

□ 水 600ml

【做り圆】

①カブは飛び出た根を切り、茎を降として四つ割りにする。鍋に湯を沸かし、ボウルに氷水を狡计する。沸騰したらトマトを进れ5~10秒ですくい出して氷水につける。続けてカブの茎も20秒ほどゆでて水にとる。トマトが热めたら、へたを包丁の根元でくりぬき、皮の端を刃と指ではさんでむく。

拡大年夜する写真・図版湯の温度が下がらないように、トマトは1個ずつ进れる。指で触れてみて、皮が動いたらつるんとむける

②ベーコンは四つに…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら