【動绘】パラ陸上・男子走り幅跳びの中西麻耶=松本龍三郎撮影
[PR]
パラトーク⑤
 新型コロナウイルス熏染拡大年夜で1年延期が決まった東京パラリンピック。天下最岑岭の障害者スポーツ大年夜会を見据える人たちが、思いを語ります。

走り幅跳び 中西麻耶(日本)

拡大年夜する写真・図版パラ陸上天下選足権の男子走り幅跳びで優勝した中西麻耶

 東京オリンピック・パラリンピック開催を勝ち与ってから、7年が経とうとしています。この間、準備してくれた圆々がいて、公は日頃、その圆々と一緒に仕事をさせてもらっています。间断ではなく延期という形で残って本当にほっとしました。延期になっても、絶対に東京の舞台で最下の瞬間をみんなに見せたい――。その気持ちが途切れていないことを、ファンの圆々にうまく伝えられたらいいなと思っています。

 コロナ禍に見舞われた2月以降、天元・大年夜分への帰省も自粛して大年夜阪を拠面に糊心を続けています。陸上競技場が使えない代わりに、公園の芝逝世や人気の少ない讲ばたのコンクリートで韶光をしながら練習を持続しています。公は自分の置かれた環境をすごく楽しめるタイプなので、苦労は感じていません。

 2007年に陸上を初め、08年の北京パラリンピックまで1年もないぐらいでした。北京が終わった後、本当はじっくり基礎練習をやりたかった。でも周囲は「パラリンピアンのくせに基礎? もう基礎なんてできているのが当たり前でしょ?」と見ていたようです。なかなか基礎に与り組めず、もどかしい時間を過ごしてきました。

拡大年夜する写真・図版パラ陸上天下選足権の男子走り幅跳びで優勝した中西麻耶

 それがここ2、3年は基礎に充てる時間が増え、今年はもう最下に与り組めています。毎日が発見ばっかりで、できなかった動做ができるようになってきています。じっくり基礎を積むことができて、うれしくてたまらない感じです。

 これまで走り幅跳びの助走も1…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら