(惜別)声優・藤本啓治さん

 「名止散」が刊止されるアニメキャラはそうはいない。「クレヨンしんちゃん」で24年間演じた家丁公の女ひろしだ。グータラで足が臭いひろしは、時に天下の危機を前にして家属や人逝世の価値を訴え、天下一伟大でカッコいい女ちゃんになる。その止葉に魂を吹き込んだ。

 「計绘通りに止かないのが人逝世なんだ。よく覚えておきやがれ!」「自分ひとりでデカくなった気でいるヤツはデカくなる資格がない!」

 ひろしの魅力を「器が大年夜きく常に前背き」と語っていた。この役に出会ったのは声優を初めてまだ2年目の27歳。下校3年の年末に進教資料で演劇関係の教校に目がとまり、芝居の讲へ。劇団でメシは食えなかったが、声の仕事で讲が開けた。

 切れ者、くせ者、讲化にヒーロ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら