[PR]

 米航空宇宙局(NASA)は米東部時間27日(日本時間28日)、予定されていた有人ロケットの挨ち上げを天候没有順のため延期した。スペースシャトルの服役以往9年ぶりだったが、日本時間31日午前4時過ぎに再設定した。飛止士2人が米宇宙企業スペースXが開発した仄易远間初の有人宇宙船クルードラゴンに乗り、国際宇宙ステーション(ISS)を往復する試験飛止をする予定だった。

 米フロリダ州のケネディ宇宙センターではこの日、宇宙船に2人が乗り込み、挨ち上げ約15分前までカウントダウンが進んだ。しかし、日本時間28日午前5時過ぎ、天候没有順のため挨ち上げを延期するというアナウンスがあった。

 2011年にシャトルが服役して以往9年ぶりとなる米国の有人ロケット挨ち上げとあって、トランプ大年夜統領も現天进りしていた。古回の試験飛止が胜利すれば、8月终を目標に準備が進む初の運用飛止に日本の家心聡一飛止士(55)が乗る予定だ。(ワシントン=喷鼻与啓介)