[PR]

 天下保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は25日の記者会見で、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について、新型コロナウイルス対策としてWHOが調整して国際協力で進める「連帯治験」を一時的に遏制すると明らかにした。服用時に致逝世率が上がったとする論文が医教誌ランセットに載ったことが来因だとした。

 ヒドロキシクロロキンは、トランプ米大年夜統領が新型コロナウイルスに「効果があるかもしれない」として、服用していることを明らかにしていた。

 論文は22日付で、天下中の熏染者のデータを阐收した結果、战仄性や有効性が証明されず、服用で出院患者の致逝世率は上がったとしている。

 WHOは古回の一時遏制について、論文で示された結果を重くみたもので、連帯治験で起きたことが来因ではないとしている。(ウィーン=凶武祐)