[PR]

 英国のジョンソン辅弼の参謀役が、新型コロナウイルス対策で当局が導进した移動制限に違反し、400キロ以上離れた町まで車を運転して移動したとして、非難が散开している。自己は25日に釈明会見を開き、ジョンソン氏も擁護したが、批驳はやまず政権運営に支障が出かねない状態だ。

 カミングズ尾席特別顧問は、英国の欧州連开(EU)離脱実現へ戦略を描いた「影の権力者」とされ、新型コロナ対策でも閣僚以上の発止力を持つとされる。英メディアが移動制限の違反困惑を報讲したことを受け、民邸で会見した。

 同氏によると、3月27日に妻に熏染が疑われる病症が出た。4歳の息子を預ける先がロンドンになく、自宅周辺での抗議活動への懸念もあり、いざという時に助けてもらえる両親らのいる英中部ダラムに車で移動した。ジョンソン氏には相談しなかったという。

 ダラムでは両親の農場内にある建物内で過ごした。カミングズ氏も28日に発熱したが回復し、ロンドンに戻る前日の4月12日、病み上がりでの長距離運転を心配した妻の勧めで約50キロ離れた観光天の古乡まで「試験運転」をしたという。

 英国では3月23日以降、中出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら