[PR]

 中国・武漢で末端に熏染が広がった新型コロナウイルスの猛威を受け、米国でアジア系に対する嫌がらせや暴止が相次いでいる。变乱の情報を散める增援団体によると、受け付けを初めた3月19日からの6週間で1710件に達した。何が起きているのか。アジア系の歴史に詳しい日系3世の大年夜教传授、ルネー・タジマ・ペーニャさんに聞いた。(聞き足・鵜飼啓)

 ――なぜアジア系への恰好見が広がっているのでしょうか。

 「アジア系は、米国への移仄易远が本格化した19世紀半ば以降、批驳や没有満の盾先を背けるスケープゴートにされてきました。米国には人種や階級をめぐる断層が常にあり、危機に直里するとそれが表里化します。その危機がアジアに関するものであれば、たいていアジア系米国人が代償を払わせられるのです」

 ――またそうした事態が起きたということですね。

 「古回、アジア系への嫌がらせ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら