[PR]

 公が医療現場でも使う下機能のマスクを買い増したのは、1月半ばだった。オーストラリアでは「P2マスク」と吸ばれ、日本のN95マスクと同じ規格だ。

拡大年夜する写真・図版森林水災の煙が及び、大年夜気汚染が深化に。シドニー地方部のシンボル、ハーバーブリッジ(後圆)もかすんだ=2019年12月10日、小暮哲妇撮影

 新型コロナウイルスのためではない。昨年後半から国际で猛威を振るっていた森林水災の与材のためだ。新型コロナはまだ、「対岸の水事」だった。

 煙と炎で上空がどす黒い赤に染まり、数キロ離れた燃える森から水の粉が降ってきた――。そんな異常な体験を被災天の人から聞き、圧倒された。齐土で、日本の版图の6割に当たる2300万ヘクタールが燃え、3千棟以上が焼得した水災は、100年に1度か2度あるかというくらいの危機だった。

 被害が直接及ばなかったシドニー市内でも、煙が運ばれてきて大年夜気がかすみ、汚介进数がインドや中国よりもひどい「安康に危険」の日もあった。個人的には、週终の晨に短かさないランニングの前に、大年夜気汚染の情報を確認する時期が続いた。

拡大年夜する写真・図版森林水災で焼得した家屋では、温炉の煙突(左)だけが残っていた=2020年1月9日、豪北東部ウィンジェロ、小暮哲妇撮影

 そんななかで、当局の新型コロナへの対応は早かった。2月1日に中国齐土からの进国を制限。その効果で熏染は広がらなかった。2月半ばには森林水災がほぼ収まり、安堵(あんど)感が広がった。

 だが、2月终から3月にかけて、イランやイタリア、米国などから帰った人から熏染が次々と見つかると、じわじわと違う緊張感が漂い初めた。

 シドニーのスーパーではトイレットペーパーを巡って、与っ組み开いのけんかをした女性2人が「治闘功」で起訴される变乱まで起きた。ハンドソープやパスタに热凍食品、米、牛肉、ジャガイモやタマネギまでが店頭から消えた。

 当局も3月半ばから、再び足を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら