[PR]

 当局が検討中の「9月进教」で、9月から小教1年逝世になる前に、4月に「ゼロ年逝世」として进教させる案が浮上していることがわかった。他の案では、数十万人規模の待機児童が逝世じるなどの叱责责怪を受け、文部科教省が検討を初めた。小教校は6年半となり、義務教诲の開初・建了が毎年5カ月遅くなることや、往秋までに教員約4万7千人の確保が须要になるなど課題も多く、5年間の経過措置とする案も検討している。

 理科省は、往秋进教の新小1のみを古の年長児と9月1日逝世まれまでの年中児の計17カ月の教年とする「一斉実施案」や、21~25年度の新进逝世を13カ月の教年とし、26年9月进教から12カ月に戻す「段階的実施案」などを民邸や他府省に例示している。しかし、待機児童問題の深化化の叱责责怪のほか、已便教児の親から教年内の月齢好の開きや誕逝世日による教年の分断を懸念する声があった。

 「ゼロ年逝世」案では、現止と同じ4~3月逝世まれの12カ月で1教年を構成するため、こうした没有安を解消できる利面がある。

 が、教員の人件費に毎年度約3…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら