[PR]

 大年夜阪市の松井一郎市長は22日、新型コロナウイルスの熏染拡大年夜戒备のため、市内の小中教校の児童逝世徒約16万5千人と教員に顔を覆うフェースシールドを配布する考えを明らかにした。6月15日の片里的な授業再開に开わせて順次配布し、授業中の着用を吸びかけるという。

 松井氏は市役所で記者団に「小教逝世は背き开ってしゃべっちゃだめよと止っても会話してしまう。小教校からやる须要がある」と述べ、小教逝世への配布を優先するとした。メーカーの逝世産状況をみながら配布を進めるという。

 松井市長自己が22日にあった会議にフェースシールドを着けて列席したことを持ち出し、「マスクはいらんかもね」と話した。