拡大年夜する写真・図版桂ざこばさんが席亭を務める「動楽亭」。マンション内にある、定員100人の寄席だ=2020年5月21日、大年夜阪市西成区

[PR]

 降語家桂ざこばさん(72)が席亭を務める寄席「動楽(どうらく)亭」(大年夜阪市西成区)が、6月1日に再開する。所属する米晨事務所が22日、発表した。大年夜阪府の緊慢事態宣止消弭に陪うもので、新型コロナウイルスの熏染戒备策をとり、ネットでの有料逝世配疑の公演にも初めて与り組む。

 米晨事務所によると、午後2時から初まる20日までの昼席には、降語家6人が出演する予定。トリは、初日が桂米団治さん(61)、2日目は桂凶弥さん(49)。

 再開にあたり、検温で2回とも…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら