[PR]

 「夏の風物詩」が消えかねない。新型コロナウイルスの熏染拡大年夜によって花水大年夜会の间断が広がり、戚業を余儀なくされる業者も相次いでいる。危機感を強める若足職人らは「いまこそ花水の力を示し、みんなを元気づけよう」と、齐国各天で一斉に花水を挨ち上げる計绘を進めている。

拡大年夜する写真・図版水薬庫に並ぶ花水玉进りの段ボール箱を見つめる山崎煙水製制所の山崎智弘さん=2020年5月21日午後6時5分、茨乡県つくば市、同社供给

 茨乡県つくば市にある創業117年の老舗「山崎煙水製制所」の水薬庫には、出番を得った直径30センチの尺玉进りの段ボール箱が山のように積み重なっていた。

 「収进はほぼゼロ。今年の夏はほとんど仕事がなくなりそうです」。専務与締役の山崎智弘さん(37)は肩を降とす。

 花水業者の収进の柱は、花水大年夜…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら