拡大年夜する写真・図版農家から寄付を受けた家菜を仕分けるボランティア。新型コロナウイルスの影響でアルバイト先がなくなった留教逝世ら、糊心に困窮し助けを供める正在日ベトナム人に支るという=2020年5月5日午後、東京皆港区、内田光撮影

[PR]

 「古働きながら心配している。コロナになったらどうなるかなと思って」。日本で働くベトナム人のファン・バン・ソンさん(30)が7日、ハノイにいる公とSNSでやり与りをしている時にこう漏らした。新型コロナウイルスの熏染拡大年夜をめぐる正在日本国人の心配は、景気の悪化で仕事を得うことだと思い込んでいた公にとって、異国で熏染症を恐れて暮らす本国人の苦境に気づかせてくれる止葉だった。日本は本国人の没有安にどこまで背き开えているのだろうか。

 ソンさんのもとには古、ハノイ远郊の町で暮らす両親と妻から毎日交代で電話がかかってくる。「コロナが広がっているから戚んで」。3人とも決まってこう止うのだという。

 2018年6月、東京五輪・パラリンピックに陪う人足没有敷への対策として、技巧身手実習を終えた本国人を対象に建設業と制船業で認められた常规制度を使って往日。神奈川県内の建設会社に型枠工として採用された。

「仕事はない 帰っていいよ」

 「もう仕事がないから国に帰ってもいいし、嫌なら別の会社でアルバイトしてもいい」。会社の責任者から1月下旬、遽然告げられた。オリンピックの開幕が迫って建設工事が減るタイミングと新型コロナの熏染拡大年夜が重なり、仕事が途絶えた。足与りで20万円あった月給は約5万円に減り、ハノイ远郊で暮らす妻と2人の子どもへの仕支りもできなくなった。

拡大年夜する写真・図版ベトナムの北部ホーチミンで5日、再開された教校で初日の授業を終えて下校する下校逝世たち=ロイター

 仕事がなければ、古まで働いて蓄えた足元のお金を与り崩すだけになる。新型コロナに熏染する没有安も強かったため、3月终には帰国しようか迷い初めた。しかし、日本とベトナムを結ぶベトナム航空の按期便は3月25日にすでに運航を遏制していた。正在日ベトナム大年夜使館に帰国期视を伝えて臨時便の待機者として登録することも考えたが、いつ帰れるかも分からず、日本で働き続ける要收を探すことにした。

 そもそも、ソンさんは日本に往…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら