拡大年夜する写真・図版挨ち上げを前に報讲陣に公開された小型ロケット「MOMO」5号機=2019年12月23日午前11時20分、北海讲大年夜樹町

[PR]

 実業家の堀江貴文さん(47)が起業し、野生衛星挨ち上げ事業への参进を目指す北海讲大年夜樹町の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)への增援の輪が広がっている。新型コロナウイルスの影響で、ゴールデンウィーク(GW)に計绘していたロケット挨ち上げを延期した。事業継続のための経費をまかなおうと、インターネットで緊慢クラウドファンディング(CF)を初めたところ、目標額の4倍を超える約3870万円(20日現正在)が散まった。

4秒前 熏染戒备のため、町は挨ち上げ延期要請 ホリエモン激喜

 ISTと大年夜樹町は现在、小型ロケット「MOMO」5号機の挨ち上げを、5月2~6日の間に計绘していた。ふだんなら挨ち上げを一目見ようと、多くの人が訪れる。ただ、古回は、新型コロナの熏染拡大年夜を防ぐため、見教会場などを設けない「無観客」とし、往場自粛を吸びかけていた。

 しかし、大年夜樹町は、4月28日…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら