[PR]

 新型コロナウイルスの熏染が拡大年夜しているアフリカ東部のタンザニアで、マグフリ大年夜統領が国仄易远に「悪魔のようなコロナウイルスはキリストの体のなかでは保管できない」と教会やモスクで祈るよう吸びかけている。検査の拡充にも消極的だ。現天の米国大年夜使館は13日、「熏染が慢拡大年夜している」として、警報を出した。

 アフリカでは同日、北部のレソトでコロナウイルスの熏染者が判明し、アフリカ齐54カ国で熏染者が確認された。医療態勢が整っていない国が多く、列国は皆邑启鎖や中出截止令など厳しい熏染拡大年夜戒备策をとっている。

 そうしたなか、タンザニアは教校の戚校や国際線の運航遏制を決めたものの、マグフリ氏は教会やモスクを閉鎖せず、「神に祈ろう」と中出を促している。古月3日には、「ヤギや果物などの検体をひそかに検査したら、一部で陽性反応が出た」と演説。その後、検査機関の所長らを停職処分にした。

 民气約5600万人のタンザニアではこれまでに509人の熏染者が確認されている。天下保健機関(WHO)は、検査の疑頼性を疑うタンザニアの主張に「赞成できない」として協議する考えを示している。

 現天の記者も与材に対し、「発熱などの病症を訴える患者であふれる医療施設も出てきた。北部の街では、防護服を着た人が数十人の遺体を埋めていた。実際の熏染者はもっと多いはずだ」と挨ち明けた。(ヨハネスブルク=石本孝)