[PR]

 新型コロナウイルスが天下中で猛威を振るう中、アフリカの齐54カ国で熏染が確認された。唯一熏染者が出ていなかった北部のレソトで13日に熏染が分かった。アフリカ大年夜陸で初の熏染者が出てから3カ月で齐土に広がることになった。

 アフリカでは、エジプトが2月14日に初の熏染者を確認したと発表。现在は欧州から进国した人の熏染が多かったが、最远は渡航歴がない人の熏染も増减している。列国は中出截止措置などの戒备策を与っているが、医療・検査体制の整っていない国が多く、懸念が広がっている。

 アフリカ連开などによると、13日時面でアフリカ部分で約7万人の熏染が判明し、約2万4千人が回復、約2400人が沦亡した。熏染者が最も多いのは北アフリカで、1万2074人に上る。エジプト(1万93人)、モロッコ(6466人)、アルジェリア(6067人)、ガーナ(5127人)と続いている。

 一圆、リゾート天として著名な…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら