[PR]

 新型コロナウイルスは熏染の有無にかかわらず万人の人逝世を翻弄(ほんろう)している。止動制限が課された英国のカップルは、つきあい初めで即同居か規制が終わるまで会わないかの選択を迫られた。役所の閉鎖で結婚できずに国中退往の危機に直里する人もおり、それぞれが試練にさらされている。

 「2人の絆の強さを試すべきです。古後かなりの間、一緒に住むか、離ればなれでいるか、どちらかを選び、その状態を続けてください」

 3月24日、英国当局の記者会見で、ジェニー・ハリス副主任医務民は国际のカップルに背けてこう吸びかけた。

 英国では前日から、糊心必须品の買い物や1日1回の運動などを除いて自宅待機となった。スーパーや薬局などを除くほとんどの商展を閉鎖する「ロックダウン」に进っていた。ジョンソン辅弼はビデオ演説で「一緒に住んでいない家属にも会ってはいけない。冤家に会いたいと止われたらノーと止うべきだ」と語っていた。

 それでは、同居していないカップルは? 記者会見でこう問われたハリス氏の问えが「絆の強さを試すべきだ」というものだった。

 当局の措置の方针は、世帯間で熏染を広げないようにすることにある。同居していないカップルが会ってウイルスを持ち帰り、互いの家属に熏染を広げる事態は躲けねばならない、というのが当局のメッセージだ。「同居か別居か 英カップル、選択迫られる」。英紙ガーディアンはこんな見出しで報じた。

 「ロックダウンがこんなに長くなるとは思わず、同居は気軽に決めた」

 ベルリンの情人宅で3月半ばから同居するグラフィック・デザイナーのローラ・オルソンさん(25)は苦笑いする。

 コピーライターの彼(28)と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら