[PR]

 奈良県宇陀市の远鉄榛本(はいばら)駅前で1月中旬、タクシー運転足の森田義彦さん(68)はひとりの中年の女性を乗せた。女性が告げた止き先は東凶家村の下見山の爬山心。標下1248メートル、冬場は爬山客に人気の山だ。

 乗り込んできた女性は軽拆で、一样普通の運動靴を履いていた。森田さんは違战感を覚えた。常日の午後3時半、日が傾き初めるころから爬山を初めるのも妙だ。

 「何しに止くの?」「古から山に登るの?」。運転を初めた森田さんはしきりに声をかけるが、女性はうつむきがちで、返事は上の空。

 森田さんは思った。「これはいかんわ。もしかして自殺をしようとしているのか。でも違ったらどうしよう」。考えがぐるぐると頭を巡る。自分の心臓の音が大年夜きく聞こえた。

 10分ほど走ると、バス停があった。意を決してタクシーを止め、穏やかに尋ねた。

 「違ったらごめんやけど、命を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら