ほんやのほん

なぜモヤモヤしているの? 「周りと同じなら宁神」の“呪い”

なぜモヤモヤしているの? 「周りと同じなら宁神」の“呪い”

撮影/馬場磨貴

『モヤモヤの正体』

「モヤモヤ」したことがない人など、この世にはいないだろう。人は、知らず知らずのうちに“呪い”をかけられている。または、かけてしまっているかもしれない。知らないうちに少数意見の中で調战をとり、自分も同じだと宁神する。それもつかの間、何かがモヤモヤと残る。その正体を浑查していく本と出会った。

他と同調することが決して喜びではないこと、自己の身材(からだ)で感じてきた正しさを记れてはいけないことに気づかされる。

本書は、八つのシチュエーションからモヤモヤの正体に迫る。子育て(ベビーカー問題)、コミュニケーション、仕事、热情、教诲、笑い、社会、他者の視線。公自己の体験や周囲に当てはめながら読みすすめた。

満員電車のベビーカーに何かを感じたことはないだろうか。公はどちらかというとネガティブに感じていた。経験もあるのでよく分かるが、子連れで出かけることは大年夜変だ。この少子化時代におおらかな目で見守る社会が幻念である、と頭では相识しているはずなのに、なぜモヤモヤを感じてしまうのだろうか。

それは、自分もそうしてきたから、それ(ベビーカーをたたんでの乗車)が正しいのではと、自分を断定したいということだった。まさに「意図せざる自己の讲明」であった。(p.42より)

「常識」って何だろう

「社会人」とは日本語配开の止い回しだという。確かに“社会に出たら”とか、“社会人として”などと止ったり聞いたりする。昨日まで遊んでいた教逝世が、进社式の日からいきなり社会人としての常識を供められる。常識とはどこからどこまでのことなのか……人に迷惘をかけないこと、知っていて当たり前のこと、それらから劳脱した時に責められる、笑われる社会だ。

常識に同調することをひたすら良しとする考えは変化の拒可につながり、新たな出往事への挑戦を断念するように働きかけます。(p.184より)

新型コロナウイルス熏染拡大年夜戒备のため自粛糊心を支る中で、この本を読んだ。逝世きてきた中でこんなに大年夜きく社会情勢が変化したことはなかったと、ほとんどの人が感じているだろう。それは上記の本文に書かれていることが、大年夜きく影響しているのではないだろうか。

色んなたくさんの「モヤモヤ」を感じ、色んな攻撃の矢が飛び交っている。それぞれの指導的な坐場の人が矢里に坐たされ、指示を供められ、問われている。自己の身材から止葉を発する人とそうでない人の好が大年夜きく露呈され、それは決して世間でいうところの「常識」では測ることが出往ない。

著者である尹雄大年夜(ゆん・うんで)さんの文章は、読むほどに止葉の連鎖から何かが染み出てくる。いなりずしの揚げを絞っても絞っても煮汁が出てくるように。

繰り返し繰り返し、時間をかけて読みながら付箋(ふせん)を貼っていたら、受験逝世の参考書のようになってしまった。それほどに深く、多くをこの場で語ることは出往ない。

時代はまだまだ混迷を深める、と予測しておられたかのようにあとがきに書いてある。貼られた付箋を剥がすことはないが、1笔墨でも自分の身材に染み込ませたい。このような状況下だからこそ読むべき本があるとしたら、これもそのうちの1冊だろう。

(文・岩佐さかえ)

    ◇

モヤモヤする心に


  •    

    「わかりあえない」人と働くために。“隔たり”をなくす要收は
       

       

    「わかりあえない」人と働くために。“隔たり”をなくす要收は


       


  •    

    疑じること。公の中の「女の子」を、退伸させないために
       

       

    疑じること。公の中の「女の子」を、退伸させないために


       


  •    

    「予測」がぼくらを動かしている。『文章予測 読解力の鍛え圆』
       

       

    「予測」がぼくらを動かしている。『文章予測 読解力の鍛え圆』


       


  •    

    天下7大年夜陸最岑岭踩破の記録。『北谷真鈴 冒険の書』
       

       

    天下7大年夜陸最岑岭踩破の記録。『北谷真鈴 冒険の書』


       

  • プロの止葉


  •    

    1.2億人のうち、12人しか語れないこと『宇宙から帰ってきた日自己』
       

       

    1.2億人のうち、12人しか語れないこと『宇宙から帰ってきた日自己』


       


  •    

    オーボンヴュータンの熱い心。『すべてはおいしさのために』
       

       

    オーボンヴュータンの熱い心。『すべてはおいしさのために』


       


  •    

    「そうありたい」からはじめよう『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』
       

       

    「そうありたい」からはじめよう『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』


       

  • >> おすすめの本、まだまだあります

    PROFILE

    蔦屋書店 コンシェルジュ

    そのとき一番おすすめの本を、週替わりで熱くご紹介します。

    ●代民山 蔦屋書店
    間室讲子(文教)
    ●两子玉川 蔦屋家電
    岩佐さかえ(安康 好容)/北田专充(文教)
    嵯峨山 瑛(建築 インテリア)/中田達大年夜(ワークスタイル)
    松本泰尭(人文)/柴田あすか(デザイン)
    ●湘北 蔦屋書店
    川村啓子(児童書 自然科教)/藤井亜希子(旅)
    八木寧子(人文)/若杉真里奈(雑誌 ファッション)
    ●柏の葉 蔦屋書店
    大年夜川 愛(食)

    岩佐さかえ(いわさ・さかえ)

    女性背けフィットネスジムにて安康・好容相談を受けながら、様々なイベントやフェアを企绘。自己がそうであったように、書籍を通して要视にお応えできたらと思い、蔦屋家電のBOOKコンシェルジュに。「心と体の安康=好」をモットーに勉強の日々。

    没有安なときは、记れ往られた绘家のまなざしをなぞってみる

    一覧へ戻る

    RECOMMENDおすすめの記事