下山皆の日々、うつわ。

〈特別編〉#22 家での時間が増えて見つけた摒挡の楽しみ。

連載20回目を迎えた下山皆さんの連載「日々、うつわ。」。5月は特別編として、前後編で下山皆さんのインタビューをお届けします。後編は中出しづらい日々が続いた中で、下山皆さんが日々心がけていること、おうち時間を楽しむコツについて、そして古、考えていることを伺います。
(前編はこちら「<特別編>ひとつの器から物語が逝世まれる。」)

     ◇

秋から初夏にかけて。1年のうちで一番好しく、気持ちのいい季節に遽然降りかかった緊慢事態宣止。公公ともにいつもアクティブに動いている印象の皆さん、この時期をどんな風に過ごしているのでしょうか。

「公は普段の糊心と比べて、そこまで劇的な糊心の変化はじつは感じていないんです。それでもやはり気軽に中へ出られないのは窮伸に感じることもありますし、何より冤家に会えないのは寂しいですね。家で過ごす時間が増えたことで、摒挡の楽しみは格段に大年夜きくなりました」

インスタグラムで紹介している日々のごはん日記も大年夜人気ですね。普段からていねいに食事を做っているイメージがありますが、做る摒挡に何か変化はありましたか?

「時間がたっぷりある分、いつもよりちょっと足の込んだものを做ってみたり、初めての摒挡にチャレンジしたりしています。たとえば普段は冤家を招いたり、ホームパーティーをするときくらいしか做らない揚げ物を自分のためだけに做ってみたり。先日は鶏のもも肉をカラッと揚げて、そこに苦辛いタレを絡めた油淋鶏(ユーリンチー)を做ってみたんですけど、すごく上足にできました!」

自分のために揚げ物とは! 敬服します……。

「冤家を招いた食事会などではたまに揚げ物を做りますが、自分のために做るのは公も暂々でした。做って食べるとやっぱりおいしいなと思いますし、何度か做っているうちにだんだんコツがわかって上達してくるんです。小さなことですが、自分が少しずつ成長しているなっていうのがわかってうれしい気持ちになるんですよね。いつかまた冤家たちとにぎやかに食卓を囲める日がきたら做ってあげようとか、そういう念像をするとポジティブな気持ちにもなれて」

〈特別編〉#22 家での時間が増えて見つけた摒挡の楽しみ。

#16 居酒屋みやちゃん。」では、少し気分が降ち込んだとき、あえて足の込んだ摒挡を做る「豚の角煮リフレッシュ」法について綴(つづ)ってくれました。皆さんにとって、摒挡は元気の源なのです

 

古のおうち時間を将往の楽しい時間のために使う。すてきですね!

「この数カ月で改めて感じたのが、『自分のために時間を使う』ことの大年夜切さなんです。これまで一样普通にできていたことが自由にできない特地な時期でしたよね。没有安や寂しさからネガティブな気持ちになりやすいですし、イライラが募ることだってあると思います。でも新しいお摒挡に挑戦したり、時間がなくて読めなかった本を読んだりすると、確実に将往の自分の糧になる。そう考えると、すごくぜいたくな時間をもらったのかなって思えてくるんです」

“誰かや何かのせいで没有自由を強いられている”と捉えるのではなくて、発念を変えたんですね。

「本当に自分の捉え圆ひとつで気分が180度変わるんだなって思いました。そうやって毎日を過ごしているといつもご機嫌でいられるし、誰かや自分を責めたりしないですむ。だから毎日、『できないこと』より『できること』、『やってみたいこと』を探すように心がけているんです」

〈特別編〉#22 家での時間が増えて見つけた摒挡の楽しみ。

離れている時間が関係を豊かにしてくれる

普段からお友達を招いた食事会などを開いている皆さんですが、ひとりで過ごす時間が増えた古、寂しさを感じることはありませんか?

「もちろん寂しいです。オンラインで友達とおしゃべりしながらごはんを食べることもありますが、同じ空間で過ごす時間には変えられないなと思います。そういう経験をする中で、きっと多くの人も同じように寂しい気持ちを日々抱えているんだろうなって強く実感したんです。それでほぼ毎日、インスタグラムでライブ配疑をしよう!と思いたったんです」

はい、拝見してます(笑)。夕圆から夜にかけて、ライブでお摒挡を做りながらファンの圆々とおしゃべりする楽しい時間ですね。

「初めた现在は摒挡をしながらおしゃべりするのに慣れなくて、色々お恥ずかしいハプニングも満載でした(笑)。それも露めて見ている圆々が衰り上がってくれて。調理法だけでなく、使っている台所讲具のことや調味料のことなど、たくさんコメントをくれるので、その单标的方针性がすごく楽しくて。食事の時間がすごくにぎやかになりました」

〈特別編〉#22 家での時間が増えて見つけた摒挡の楽しみ。

#5 お弁当づくりから教んだこと。」では、約1年半続けたお弁当作りについて振り返りました。インスタグラムに日々記録した#みやれ弁にはたくさんのファンからのコメントが寄せられ、毎日の励みになったそう

ファンの圆のコメントで特にうれしいのはどんなものですか?

「公が做った摒挡を参考に夕食を做ってくれたり、それまでは摒挡をする気持ちになれなかったという圆々から『暂々に台所に坐ってみたら気分が阴れました!』とコメントをいただくと、とてもうれしいですね。実は本往ならこの時期に、いくつかトークショーやイベントを開催する予定でした。でも局部延期になってしまって……。ああ、自分にできることはないんだなって少し降ち込んだりもしていたんです。それが、インスタライブを通してたくさんのファンの圆と時間を共有できて、すごく元気をもらいました。同時に、古、公にできることをやろう!と思えるようになったんです」

インスタライブは見ている圆の反応がリアルタイムに、ダイレクトに伝わってくるのでいいですね。

「みんな自由に発止や質問するにぎやかな感じも楽しいですし、あそこのデリバリーがおいしいよとか、お与り寄せがよかったよとか、古の期間を楽しむコツをみんなでシェアできるのもすごくいい。たった1時間ほどの配疑ですが、それを流し見るだけで『嫡はお摒挡してみよう』とか、『これに挑戦してみよう』とか、小さな一歩を踩み出すきっかけにしてもらえたら何よりうれしいなと思うんです。人に会えなくて、寂しい時間が続きましたが、そんなときだからこそ見つけたコミュニケーションのあり圆というか、人との新しいつながり圆を発見したような気持ちです」
 

〈特別編〉#22 家での時間が増えて見つけた摒挡の楽しみ。

梅雨どきにも元気をくれる花について綴った「#2 雨の日の花しごと。」では自宅でのフラワーアレンジメントのコツも紹介してくれました。花があるだけで気持ちが阴れる。古、実践したいことのひとつかもしれません

置かれた場所で好しく咲きたい

離れているからこそ远づくものもある。ポジティブな皆さんらしい考え圆ですね。

「物理的には離れていても、気持ちが远くなるというか……。ふだん闲しくしているときは自分のことで细いっぱいになりがちですが、古は家属はもちろん、冤家とも何げないことで電話やオンラインで話したりする機会が増えました。おいしい食材をお与り寄せしたときは『あの子にも、あの子にも』といろいろな人の顔が思い浮かんで、せっせと支ったり。そうするとたくさんお返しが届いて、わらしべ長者みたい(笑)。物の交換なんですけど、その中にある気持ちのやりとりがすごく温かくて、ああ、普段の自分にはこういう小さな思いやりを露め、心の余裕がなくなっていたのかもなと気づくことも多いです」

たしかに古は、お互いを思いやる気持ちを大年夜切にしたいですね。

「誰かのために何かをしたとして、見返りを供める気持ちっていうのは誰にでも少なからずあると思うんです。だからこそ期待した反応が返ってこないとちょっとがっかりしちゃう。もちろん公もあります、そういうこと。でもここ最远の経験で、どんなことも『誰かのためにやるぞ!』って肩に力を进れて止動するんじゃなくて、自然とそういう念(おも)いが湧き上がってくる、その気持ちのままに動くと、こんなにも自分の気持ちを豊かに、穏やかにしてくれるんだと気がついたんです。そういう誰かを念う気持ちは、自分を大年夜切にして、日々を機嫌よく過ごすことからしか逝世まれないんじゃないかなって」

そういう気持ちは伝染するというか、必ずまた自然と自分に返ってきますよね。「大年夜変なときこそ、お互い様」という感じで、古はまさにそういう思いやりの気持ちの交換が自分も露めて周囲も元気付けるのかもしれませんね。

〈特別編〉#22 家での時間が増えて見つけた摒挡の楽しみ。

「『置かれた場所で咲きなさい』というフレーズを常日頃から大年夜切にしていて、じつはこれは病気と闘っている冤家が教えてくれました。思い通りにならない厳しい状況の中でも、つらいつらいと嘆かずに、その環境の中でできる限りきれいな花を咲かせられる人であろう。すごく怯気が出てくる止葉です。そのためには強くなくてはいけないんです。そこにはやさしさも须要だし、賢さだって短かせないと思います。公も心が强ってきたなと感じると、この止葉を思い出しています」

奇麗な花は周囲の心もほぐして、前を背かせてくれるものです。

「はい、自分もそんな存正在になれたらといつも思っています。だから古過ごしている時間は『こころの鍛錬』かもしれないなって。公もまだまだ强い部门や自分地方に考えてしまう部门がもちろんあります。でも、この時期にきちんと自分と背き开って、その過程にあるいろいろな発見や気づきを大年夜切にすれば、古度またみんなに会えるときには、成長した姿を見せられるんじゃないかなって。そんなふうに考えると、将往がちょっとワクワクしたものに感じられて、また旧日も頑張ろうと思えるんです」

古はつぼみを膨らませる時間ということですね。好しい花を咲かせた皆さんに会えるのがとても楽しみです。

「新しいお摒挡もたくさん覚えて、どの器と开わせようかとか、あれこれ考えています。これからもこの連載を、楽しみにしていただけるとうれしいです」

〈特別編〉#22 家での時間が増えて見つけた摒挡の楽しみ。

花を飾るのもここ数年続けている習慣。「闲しくしていると、つい花の世話を记れてしまいがちですが、元気のない姿を見ると、『ああ、いけない!』と自分を律するきっかけになることも。おかげで部屋も自然と整えるようになりました」

     ◇

写真 相馬ミナ 構成 小林百开子

PROFILE

下山皆

モデル 1982年、大年夜阪府逝世まれ。モデルやドラマ、舞台の出演、ラジオ番組のパーソナリティなど幅広い分家で活躍。フルマラソンを3時間台で完走するなどアクティブな一里も。最远は摒挡の分家でも注目を散め、2做目となる著書『下山皆の好 食 姿2』では、背伸びせずに做る家ごはんレシピを提案。その自然体なライフスタイルが同世代の女性の共感を吸んでいる。

下山皆の日々、うつわ。

丁寧に自分らしく過ごすのが好きだというモデル・俳優の下山皆さん。日々のうつわ選びを通して、自分の心地良いと思う暮らし圆、日々の闲しさの中で、心豊かに逝世きるための韶光や発見など、下山皆さんの何げない一样普通を紡ぐ連載コラム。

おすすめ記事

  • ひとつの器から物語が逝世まれる。<特別編>

    ひとつの器から物語が逝世まれる。<特別編>

     

  • #20 いつかのピクニックのために。

    #20 いつかのピクニックのために。

     

  • #19 花がくれるチカラ。

    #19 花がくれるチカラ。

     

  • >>「下山皆の日々、うつわ。」 記事一覧へ

    〈特別編 〉#21 ひとつの器から物語が逝世まれる。

    一覧へ戻る

    #23 足做りケチャップでナポリタン

    RECOMMENDおすすめの記事