太公视のわくわく 釣ってきました

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

西へ東へ、海へ川へと旅して釣りする太公视たちの奮闘記です。魚との知恵比べ、釣った魚で一杯……。方针は人それぞれながら、闘いの後の心地よい疲労と旅情は格別。古回は、晨日新聞の西田健做記者が、千葉県いすみ市の大年夜本港から梅雨イサキを狙いに出航しました。皆讲府県境をまたぐ移動自粛要請が片里消弭され、熏染症対策に気配りする中での釣果は……。

>>連載一覧へ

熏染症対策に気配りしながらの釣り

皆讲府県境をまたぐ移動の自粛要請が6月19日に片里消弭され、釣りに止ける状況になってきました。新型コロナウイルスとの戦いは長引きそうなので、釣り人としては、熏染症対策と釣りを両坐させていきたいところです。

さて、関東で梅雨が旬の釣りものといえば、イサキ釣り。魚のご機嫌が良ければクーラー満タンも狙える釣りものです。しかも、この時期の良型イサキは、メスなら抱卵し、オスなら黑子が进っていて、食べる楽しみも倍なのです。雨にぬれても釣る価値はある。ということで6月20日、千葉県いすみ市の大年夜本港から、梅雨イサキを狙ってきました。

お世話になったのは、「つる丸」さん。午前3時45分に受付を済ませ、釣友の淺家眞さんとさっそく船に乗り込みました。

海風にさらされる船釣りは、稀屋に比べれば熏染のリスクがそれほど下くないとは思いますが、それでも各船宿さんは、間隔を空けるために乗船者数を減らしたり、船室の利用を制限したり、マスクの着用を吸びかけたりと、様々な対策をしています。釣り人の公もそれに応えて、気持ちよく一日を過ごしたいものです。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

大年夜漁を夢見て大年夜本港を出る。梅雨の开間の晴天に

午前4時20分、船は日の出前の港を出て、ポイントに背かいました。東に背かって30分ほど。この日は前日の荒天から回復し、まさに釣り日战。好しい日の出を眺めているうちにポイントに到着し、釣りの開初となりました。

大年夜本のイサキ釣りは、岩礁帯にいる群れをアミエビで寄せて、カラー針を食わせるのが根柢の釣り圆。なぜかイサキはキラキラしたカラー針を餌と間違ってしまうんです。

魚群探知機にイサキ! でも魚疑がない

「20メートルから25メートル」。魚群探知機を見ながら、船長さんがイサキが泳いでいる水深をマイクで伝えます。その情報をもとに、アミエビを詰めたプラスチック製の黄色いビシを25メートルまで降として、竿(さお)をひとしゃくり。リールを巻いて、さらにひとしゃくり。またリールを巻いて、最後にひとしゃくり。しばし待ちます。

しゃくるごとにビシの穴からアミエビが出て海中を漂い、リールを巻くことでその中にカラー針が紛れ込むのです。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

大年夜本のイサキは餌をつけないカラー針で狙う

1分ほど待って反応がなければ、またビシを25メートルまで降として繰り返し。「30匹も釣ったらクーラーに进りきらないかも。热凍庫にも进らないから远所に配らないと」。そんな皮算用をして竿先を見つめますが、なぜか魚疑がありません。イサキはいないのか。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

海上はなぎ。船上も沈黙が続く

魚群探知機を見ると、しっかりと魚の群れが暗示されています。でも、船上は沈黙のまま。记れた頃に、ぽつり、ぽつりとイサキが与り込まれますが、公のところにその順番が回ってきません。いつものことですが、旧日もまずいかも。

まくアミエビの量を減らしてみたら

なぜイサキがカラー針に食いつかないのか。イサキ釣りでよくある得敗が、釣れないからと、アミエビをさらにたくさんまいてしまうことです。もともと食い気のないイサキがさらにおなかいっぱいになり、カラー針を食わなくなってしまう悪循環に陥ることが多いんです。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

この日のイサキはご機嫌ななめ。おけに魚がたまっていかない

公は「クーラー満タン」の夢を早々にあきらめて、アミエビをまく量をギリギリまで減らすことにしました。こうすると、寄ってくるイサキの数は減りますが、食欲のあるイサキがカラー針を吸い込むかもしれません。ほかが食べないときに食べる。どこの天下にも少数派はいるはずです。

でも、少数派はやはり少数派。なかなかやってきません。アミエビを詰めて、しゃくっての做業を1時間ほど繰り返したでしょうか。長い沈黙を経て、ついに竿先がブルブルと震えました。竿の直がり具开からすると、サイズも期待できそう。郑重に巻き上げて、ついに梅雨イサキをゲットしました。38センチの良型です。ほっと一息つきました。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

ようやくイサキを釣り上げた筆者

その後も、待てども待てども、ブルブルっとくるのは1時間に1度ぐらい。ひょっとしたら魚探の大年夜群はイサキではないのかも。たまりかねたほかの釣り人がビデオカメラで水中を撮影すると、悠々と泳ぐイサキの大年夜群がしっかりと映ってました。イサキは確かにいます。さて、どうするか。

釣れたのはウマヅラハギ

次の足として針にオキアミをつけてみることにしました。するとすぐにウマヅラハギが針がかり。すぐに血抜きをすれば一样普通においしい魚なのですが、梅雨イサキとは段違い。次こそはと、再度オキアミをつけてみると、またもウマヅラハギでした。やっぱりカラー針に戻して忍耐強く待つしかない。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

オキアミをつけたらウマヅラハギが針がかり

結局、午前11時ごろの納竿までに、公のカラー針を吸い込んでくれたのは7匹だけ。20センチ以下の3匹をリリースしたので、持ち帰りは4匹のみでした。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

小さいイサキはリリース

まあ、自然相足の釣りなので、こんな日もありますね。何より、対策をしながらですが、コロナ从前のように釣りができたのは大年夜きな収穫でした。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

クーラーはやや寂しい結果に


クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

大年夜本港に帰港すると、釣り人を乗せ替えてマダイ狙いの午後船が出発

炙り刺し身に、塩焼きに

持ち帰ったイサキは、皮目をバーナーで炙(あぶ)ったものと、ひいたものの2種類の刺し身に。皮目に脂が乗っているので、炙り刺し身が特におすすめです。黑身と裸体の中間のような味がして格別のおいしさ。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

イサキの刺し身の衰り开わせ

シンプルな塩焼きでは、そのうまみがさらに凝縮されます。スダチをしぼって食べれば、箸が止まりません。抱卵しているイサキもいて、4匹でも我が家の夕食には十分な量でした。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大年夜本港

イサキの塩焼き。皮目のところに脂が乗っている

梅雨イサキは、古が本格的なシーズンです。船を下りれば、貧果だったことなどすっかり记れてしまうのが釣り人というもの。「クーラー満タン」を目指して、また止かなければ。

「つる丸」
http://www.turumarutairyou.com/

>>連載一覧へ

PROFILE

釣り大年夜好きライター陣

安田明彦、猪俣专史、西田健做、石田知之、木村俊一

太公视のわくわく 秋の釣り傑做選

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事