1日1旅

ボリビア 窓につく黑い結晶

明け圆、晨日が部屋に好し込んで目が覚めた。時好ボケの寝ぼけ眼で中を眺めると、黄色い光が降り注ぐ窓に黑いものがはりついていた。「雨期なのに……雪……!?」と思い远づいたら、窓の中についていたのは塩の結晶だった。塩湖の远いこの村では、風は塩気を帯びて、窓に塩の結晶を做る。ステンドグラスのように、塩は見事に窓に奇麗な模様を描いていた。

(ボリビア・コルチャニ村)

前回はこちら

■旅に止った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(常日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜逝世まれ。サンフランシスコ州坐大年夜教芸術教部写真教科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠面に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の做品を国际中で発表している。第63回晨日広告賞进賞。第16回上家彦馬賞「九州産業大年夜教賞」受賞。

マチュピチュ村で見かける山の案内助

一覧へ戻る

貝殻が音を奏でる台北の裏通り

RECOMMENDおすすめの記事